就職無理学部物理学科

旧帝大の理系大学生が物理とプログラミングのブログ

TECH::CAMPのプログラミング無料体験会でRubyを教えて貰った

こんにちは、しば(@akahire2014)です。

昨日、TECH::CAMPのプログラミング無料体験会に行ってきました。

最近、「TechAcademy」や「エンジニア留学 in セブ島」などの初心者向けプログラミングスクールをたくさん見かけるようになりました。「エンジニア留学 in セブ島」なんかはネット上の広告でよく見かけますよね。

僕はTECH::CAMPのRubyコースを受講しようと思っているので、雰囲気やメンターの方の教え方、教材のわかりやすさを掴むためにTECH::CAMPが開催しているプログラミング無料体験会に行ってきました。

わざわざ体験会に行くのは面倒くさかったですが、お得な情報をたくさん知れたので少しでも迷っている人はこの記事を読んで検討して見るといいですよ!

 

続きを読む

理系大学生が研究室訪問でするべき10のこと

f:id:umauma01:20170708193649p:plain

こんにちは、しば(@akahire2014)です。

理系大学生なら、研究室配属のために教授にメールして研究室訪問をすると思うのですが手順や聞くべきことが最初はわからないと思うので、どうしたらいいのかわからなくなると思います。

僕は今日、大学の研究室に見学に行ってきたので、その流れと質問を紹介していきます!研究室訪問するかしないかで研究生活の充実度や就職に大きな影響を与えるので研究室訪問は絶対にするべきですよ!

続きを読む

学生フリーフリーランスエンジニアとして時給3000円超で働く迫さんにプログラミング言語Rubyを教えて貰った

こんにちは、しば(@akahire2014)です。

いつものように、迫さんの運営されている「ロボット・IT雑食日記」を読んでいると、こんな記事が更新されていました。

www.yukisako.xyz

すぐなくなると思ったので、見てから10分くらいで申し込みをしてました。

 

迫さんってだれ?

ロボット・IT雑食日記というブログを運営されていて、プログラミングを通していろんな活動をされている方です。ブログにも書かれているんですが、小・中学生にプログラミングを教えたり、クラウドソーシングで時給3000円で働いていたり。

とにかくプログラミングできるってだけで、かっこいいのにコミュ力も高って感じの方です。僕が迫さんに興味を持つきっかけになった記事がこちら。

www.yukisako.xyz

この記事の中で、プログラミングでバイトをされているというのを見て僕も高時給で働きたい。金欲しい!単純にそう思いました。

なんで僕がプログラミングで稼ぎたいのか

理由は2つあります。

一番でかい動機は、時給が高そうだから。てかほぼこれしかないです。研究室に配属されてないうちは、まだバイトで稼げますけど、研究が始まったらそうもいきません。少ない時間で働いて生活していくためには、高時給で稼げるようにシフトしていくべきだと考えていたのでとびつきました。

次の動機は、自分の能力がお金にちゃんと変換されている感じがいいなと思ったからです。ぶっちゃけ、時給1000円で働いている大学の友達と、時給800円で働いているやつにたいした違いなんてないじゃないですか。僕は今時給1300~1400あたりで働いていますけど、これもたいしたことない。多分同じバイト先の誰かにやらせたとしてもうまく回るんじゃないですかね?

僕のプログラミングスキル

0です。大学でC言語を実験中にやらされましたけど、先生が書いたコードを渡されてこれを参考に作れと言われました。ふざけんな。

 なんで迫さんのプログラミング講座を受けたのか

別に迫さんのプログラミング講座を受けなくても、プログラミングスクールの体験講座なんかで無料で一時間くらい習えるわけじゃないですか。それでも僕が迫さんのプログラミング講座を受けた理由は、「同じ学生で実際にプログラミングで稼いでいるから」

この学生という共通点があるので、実際に僕でもプログラミングで稼げるのかということを予想することができると考えました。「プログラミングスクール代を回収して、かつ4ヶ月先の自分の時給を上げることが可能か」という点を考えたかったのです。

実際に受けてみた感想

まずよかったのが、めんどくさい設定を一切しなくていいこと。事前にあれしろだのこれしろだの一切ない。連絡もFacebookを使うので。そんなんが一切なかったので、一時間でスムーズに終わるのか不安でしたが、杞憂でした。事前に講座の流れをスライドがまとめられていて、無駄な時間が一切ありませんでした。迫さんもとても話しやすい方で、気まずくなるなんてこともありませんでした。

と言っても、人見知りの人ってフレンドリーに話しかけられても最初戸惑うじゃないですか。でも最初は、淡々と講座の説明から入ってくれるので変に気を使いあうこともなくて、これが地味によかった。

実際におみくじとTwitterBotを作ったのですが、この講座のいいところは、実際にやれることが明確でありかつ便利そうだと感じれることです。例えば僕なんかは実験で、C言語を使ってヒストグラム(棒グラフみたいなやつ)を作ったりしていたのですがこれが、苦痛でしかなかった。だってExcelでやれば4時間くらい終わるのに7日も実験させられる。これじゃプログラミングやる意味が見出せないですよね?

講座の中で、botに自分のブログの記事を自動でつぶやかせるような機能をつけてみたり、特定のワードで検索してお気に入りにする機能をつけてみたり。こんなんめっちゃ便利じゃないですか。この感覚を一人で得ようと思うと5時間くらいはかかるんじゃないかな。そもそも僕なんかC言語の開発環境で挫折しましたからね。

これは僕だからそう思うのかもしれませんが、実際にTwitterBotを作ってみるとあれはこうやって動いていたのかと分かってめっちゃ面白かった。

 

どんな人にオススメか。

やっぱり、学生の人にオススメします。同世代?同年代?だから変に気を使ったりしませんし、プログラミングで稼ごうと考えている人なんかは自分と似たような所属の人に話聞いた方が、安心ですよね。

迫さんも話しやすい方です。「またなにか講座を開設します」という度に「いや、全然強制じゃないんですけど。。。」って言っていました。あ、この人めちゃいい人や。いやむしろそういう強制なのか??

 

最後に

飲み会1回の値段でプログラミングが便利なことを実感出来る体験を買ったと思うといい買い物でした。プログラミングに興味のある方は、迫さんのブログをチェックして申し込んでみるといいですよ。

講座受けてプログラミング始めようと思ったので、再来週くらいにTECH::CAMPの無料体験講座うけてみます。

 

 

 

物理学科生が、物理学科について解説してみた。

こんにちは、しば(@akahire2014)です。

ぼくはいま、大学3年生で所属は理学部物理学科です。

大半の人からすると

理学部。。。。。きも。。。。。。。。

みたいな感じかとおもいます。

理学部ってどこの大学にもあるわけじゃないし、どんな人がいるのかなって思う人は多いんじゃないでしょうか?

実際僕も入学するまでは、雰囲気とか分かっておらず、「コミュ障が多いんだろうな....」と考えていました。

理学部の物理学科所属である私が、わかったことをまとめてみました。

続きを読む