ma=F

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物理学科生がプログラミングで稼ぐブログ

貧乏学生がプログラミングとブログで稼いでいきます

しばのプロフィール

しば(@akahire2014)のプロフィールです

 

 

 

生い立ち

小学生時代

めんどくさがりでひねくれ者

 小学校ではあいさつ運動があると思うのですが、先生とあいさつするのが嫌で友達とこそこそ裏門から学校に入っていました。遊ぶことが全てだったので宿題をするのも嫌で家の窓から宿題のプリントを投げ捨てていて、母親に見つかり怒られたことがあります。

 

生き物が大好きだった

トカゲやカブトムシを飼ったりするのがめちゃくちゃスキでした。小学校のにわとり小屋がありました。鶏に捕まえたミミズを食べさせるという田舎キッズ特有の残忍な遊びも大好きだった。

f:id:umauma01:20170212195808j:plain

 

 

中学生時代

英語にはまる

英語の先生に受験のためにと英検を勧められました。これがやってみると級をを上げるのが楽しかった。がんばって自分で勉強して高校レベルと言われる英検2級を取得しました。

 

物理にはまる

勉強嫌いじゃなかったが、高校が定員割れしていたので勉強する必要がなく受験勉強マッタクしませんでした。めちゃくちゃ暇だったので近くの図書館に行って適当に本を読むのにはまりました。その時に読んだ宇宙に関する本もうきっかけに物理とか科学とかSFにどんどんはまっていきました。

 

f:id:umauma01:20170212200445j:plain

 

高校時代

偏差値30の高校に通う

さっき言ったとおり、高校が定員割れしていたので誰も勉強するひとなんかいませんでした。受験勉強は入試の3日前にするのがあたりまえだと思っていた。

 

そんな高校なのである程度ガラも悪く、悪さをしないようにと男子便所のドアが撤去されていました。トイレの外にいる女子と目があって何回も気まずくなる。

 

そんな生徒を制圧するために1年生の最初の時にALSOKのような厳しい研修があった。よくわからない青少年の家なるものに1日監禁されて2時間ずっと「ありがとうございます」と叫び続ける地獄の研修があった。僕はめんどくさかったのでずっと口パクだったけど。

 

親から国公立の大学しか無理と言われる

高校に入った瞬間、「うちはお金がないから私立も浪人もできないから、大学にいきたいなら勉強しろ」といわれました。地元から絶対出たかったし、高卒で就職するのはきつそうだったから死ぬ気で勉強する決意をしました。

 

高1から効率的勉強する

めちゃくちゃめんどくさがりやなので受験勉強に関係のない科目はずっと寝てました。そもそも授業のレベルが低すぎるので先生から内職を許されて授業聞かずにずっと1人で勉強してた。そのうち授業で寝てるのが普通になって先生からも怒られなくなった。

 

高2の時に先生にD大学頑張ればいけそうと言われる

その言葉にちょっとむかついて、東京大学にいってやろうと思った。

 

普通に無理だった

中学時代にめちゃくちゃ勉強したので英語は東大模試でもS判定をとれていたが、他のやつがむずすぎて普通に諦めました。大学受験失敗して就職するのもいやだったので、絶対に受かりそうなD大学に進学しました。本当東大とかいける人すごいです。

 

大学生活

無事物理学科に入学することができ、部活にも入りましたが高校の部活と上下関係の雰囲気が違い肌に合わずやめました。

 

堕落した生活を送る

小中高では毎日遊べる友達が近くに住んでいたので、毎日遊んでいましたが大学に入ってからはそういう友達もいなくなって暇な時間をどう過ごせばいいかわからなくなった。目的がなくても暇な人で適当に集まって遊ぶという習慣がないことに衝撃を受けました。することがなくなって1年ほどで堕落した生活を続けた。このときめっちゃ白猫にはまるw。

 

研究室に入る

このままではダメだと思って、興味があった分野の研究室にアポとって研究室配属はまだだが研究室に入れてもらって一緒に研究を半年間続けた。研究はケッコウ忙しくて夏休みもほとんどツブレテしまった。これだけ大学生活潰れるの嫌だったし、指導教官ともあまり気が合わなかったので、その研究は半年でやめた。

 

プログラミングスクールに通う

研究自体は面白いと思ったので、大学院に行こうと思ったがお金がかかるので稼げる手段ををさがしていたところプログラミングがアツいということを知った。研究を一旦止めてからバイトばかりしていたのでお金が結構あったから、そのお金でプログラミングスクールに通った。プログラミングで稼げるようになりたいと思って今ではITベンチャーでのインターンに参加している。

 

f:id:umauma01:20170212200618j:plain

 

人生が大きく変わるきっかけとなったもの

図書館で読んだ物理の本

宇宙とか厨二病の時アコガレチャウじゃないですか。僕も絶賛厨二病でした。厨二病こじらせて「宇宙や人生に意味があるんだろうか」なんてことを考えるきもい、そして痛いやつだった。何のきっかけかも忘れちゃったけど、なんとなく素粒子に関する本を読んでいた。素粒子っていうのはもの切り刻んだときの一番小さいやつ。その世界では粒子がどこに存在するかカクリツによって決まる。だから人間やウチュウの運命は決まっていない。なんて意味わからん話を聞いてめちゃくちゃ感動した。そのまま就職無理学部といわれる理学部に進学した。

 

 

haruの価値観

ちょうド田舎で育ってきたせいか、社会のために何かしようって気持ちが全く起こったことがありません。海外ボランティアとか若者の投票率向上とかすることを目的に活動している学生団体の気持ちが異次元レベルで理解できません。1000円あれば募金できるのに100円のアイスを彼女に買ったりするじゃん。っていつも不思議に思ってます。

 

ブログを始めたきっかけ

大学院に行くお金を稼ぐ手段を探していた時にたまたまブログで稼げるということを知りました。もともとブログを読んだりするのが好きで中学生の頃から熱帯魚に関するブログ等を読んでいたんです。その時好きだったブログが途中から全然更新をしないようになりブログを読むことは全部やめていましたが、なんとなくまたブログ読んでみようかなと思い、ブログ稼いでる人がいるということをあって自分も始めてみようと思いました。

 

ブログを通してどうなりたいか

具体的には1年のうちに月収10万稼げるようになりたい。実際に初めてみてブログで稼ぐことの難しさをかなり感じています。そもそも更新するのが大変なので、毎日更新する人を見てびっくり。

 

ブログとしてお金を稼ぐことで、自分でベーシックインカム作れないかなと思っています。それができれば大学院を卒業して収入が不安定だけどポスドクとして残ったりといったビビってできなかった人生設計ができると思っている。

またプログラミングやブログを通して稼ぐといった自分の体験が誰かの役に立てればいいかなと思ってます

この記事もどうぞ!

物理学科生が物理学科について解説してみた