就職無理学部物理学科

旧帝大の理系大学生が物理とプログラミングのブログ

GPAの計算方法・就活・研究室への影響を理系大学生が徹底解説

f:id:umauma01:20170709125218p:plain

こんにちは、物理学科のしば(@akahire2014)です。

私は現在大学の4年生です。入学した時にGPAという成績のつけ方を知ったのですが、正直あまり実態がわからずGPAって気にした方がいいのかわかりませんでした

この記事では「GPAの計算方法・就職への影響」や「理系にとってのGPAのメリット」などについて実際に私が体感したことを元に解説していきます。

知らないとやばい!?GPAとは何かを解説

GPAとはGradePointAverageの略語です。要するに「成績の平均点」というだけです。

カンタンにわかるGPAの計算方法

大学の成績は多くの場合

成績 ポイント
秀orS 4
優orA 3
良orB 2
可orC 1
不可orF 0

この表のように成績ごとにポイントが割り振られています。成績が六段階でついている大学も見かけますが、その時も計算方法は変わりません。

この表を元に成績の平均値を計算していきます。

f:id:umauma01:20170624180536p:plain

例えばあなたが以下のような成績をとったとするとGPAは2.25になります。一回やってみると結構簡単だと思うはずです。

f:id:umauma01:20170624181954p:plain

GPAの就職への影響はあるのか?

結論から言うとGPAが就職に与える影響はありません。

受けている授業の難易度が違うのにそれで算出した成績なんか公平な評価にならないからです。

加えて、日本の企業は大学教育をそんなに重視していないことはあなたも実感しているはず。逆にアメリカではGPAはかなり重視されていて大学院の入学や大学の入学でも重要になってくるようです。

今の所GPAは一部の外資系企業で見られるかどうかといったレベルのようです。

やはりGPAは就活では全く気にする必要はありません。

意外にたくさんあるGPAのメリット

「GPAってなんの意味もないじゃん」と思うかもしれませんが、理系大学生にとっては結構重要です。

研究室選びではGPAは最重要

まず、ほとんどの理系の学科の場合研究室配属はGPAの高い順に自由に選べる方式です。

つまりGPAが悪いとやりたい研究ができずに、やりたくもない研究を学部なら1年間。大学院の修士課程まで進むと3年間もやらされます。

ほとんどの理系大学生は学部の時に研究室に修士課程で進むので、GPAによって3年間の研究室が決まると言ってもいいでしょう。

僕は3年生の終わりの時点でGPAが3.3くらいあったので希望通りの研究室に行けましたが、僕の配属された研究室に落ちた人も多数いたそうです。

理系の研究室は、推薦を使う場合そのまま就活に直結するので結果的にGPAによって就活の難易度も変わってきます。

奨学金もGPAを見られるんです

大学院生になると、バイトする時間もなかなか取れないので奨学金を借りる人が多数です。

実はこの奨学金、GPAがいい人の方が借りやすいです。勉強をしない人に貸すよりいい人に貸した方が生産性も高いし、返済率も良さそうなので当たり前ですよね。

大学院の授業が受けれる

これはあまり一般的ではありませんが、僕の大学では大学院の授業が受けれます。しかもタダ。無料。

それに大学の時に取得した単位は大学院に入ってからも認定されます。

この大学院の授業が受けれる制度ですが、僕の大学ではGPAの高い人10人くらいしか受けることができません。

大学院では研究ばっかりやりたいので、学部のうちに単位を揃えて修士課程では研究だけやるということも可能です。

超お得!院試が免除になる

ほとんどの大学ではGPAがいいと、大学院の試験が免除になります。

4年生になると、前期は大学院の試験が主になりますがそれをしなくていいということ。つまり研究だけする楽しい生活が送れます。

院試ってあまり落ちる人はいないとは言えやはり緊張するのでそのストレスから解放されるのはかなりのメリットですよね。

ただ僕の大学では院試免除の制度はありませんでした。こればかりは大学によるので先輩などに聞くのが確実でしょう。

普通だったら絶対僕は院試免除なんですけどね・・・

理系大学生の結論

僕の結論は「文系はGPAなど気にしないでいい。理系はかなり気にした方がいい」です。

GPAがいいと

  • 研究室が選びたい放題
  • 結果的に就活が有利
  • 大学院の授業が受けれるかも
  • 院試が免除になる

というメリットがあります。GPAあげて快適な研究生活を送りましょう。