就職無理学部物理学科

旧帝大の理系大学生が物理とプログラミングのブログ

大学生がプログラミングを学ぶコスパの良さを学生エンジニアが解説

f:id:umauma01:20170804003611p:plain

こんにちは、学生エンジニアブロガーのしば(@akahire2014)です。僕は今ITベンチャーでエンジニアとしてアルバイトをしながら、スタートアップ企業から仕事をもらってリモートで働いたりしています。

最近インターネットの発達やクラウドワークといった働き方が有名なったことをきっかけにプログラミングに注目が集まっています。日本も例外ではなく経済産業省によると、現在17万人、2030年には78万人不足すると言われています。

27年度調査研究レポート(METI/経済産業省)

でもいくら社会的にプログラミングの需要が高まってるからといっても大学生やプログラムを全く触らない人は実感なんて全然できませんよね。英語が重要って分かってても英語なんてみんな話せないのと同じ。つまりは学習する労力に見合う対価がしっかり得られるのか?と。

断言できますが、プログラミング以上にコスパのいいスキルはないです。そこで僕がプログラミングを学んで大学生ながら感じたプログラミングを学習することのメリットを実体験ベースでまとめたいと思います。

言語は何を選ぶべきか

プログラミング言語って何がいいの?

となるはず。プログラミング言語と言っても、その数はマイナー言語も含めると200種類以上と言われています。当たり前ですがこれ全部できる人はいません。みんな自分の得意とする言語を幾つか持っているのです。

f:id:umauma01:20170805184423p:plain

https://jp.stanby.com/media/programming_ranking/

例えばweb系ならruby,php,javascriptで機械学習ならpythonと言った風に分野を絞れば自分の学言語は絞られてくるのでこれに関しては早く決まります。

今ならprogateのような安価な学習サービスがあるのでこういうサイトでちょっとずつ触ってみるのもいいでしょう。

他にはプログラミングスクールの無料体験会や説明会に参加するのもいいですね。現役のエンジニアに直接話を聞けたりもするので。僕もプログラミングを学習する前に無料の学習サイトや、スクールの体験会を活用して自分が学習するべきプログラミング言語を模索しました。プログラミングスクール大手のテックアカデミーCodeCamp が無料の体験会を開いています。

他にも無料体験をしているプログラミングスクールをこの記事にまとめているので興味があれば参考にするといいですよ

この記事もどうぞ!

プログラミングスクールを選ぶときに失敗しないための11のポイントを学生エンジニアが徹底解説!

特にテックアカデミーの無料体験会は僕も受けてみたので興味のある人はこの記事を参考にしてください

この記事もどうぞ!

テックアアカデミーのPHP無料体験で56時間プログラミングを学んでみない?

プログラムが世の中を変えている

f:id:umauma01:20170819233336p:plain

この記事を読んでくれているあなただったら、もう知っているかもしれませんが社会でプログラミングの地位がどんどん上がっています。

例えば、よく知られているGoogle,Facebook,Appleなどの超巨大企業は全部IT系の会社です。時価総額で言うとTOYOTAの3倍くらいあったりします。

つまりこれかの世の中で稼ごうと思ったらITスキルを身につけるのが一番早いんです。こればっかりはもうどうしようもなくて、センター国語の傾斜配点みたいなもん。ITスキルあれば高めに評価してあげるよっていうのが世の中の流れなわけです。

就活で武器になる

f:id:umauma01:20170819234847p:plain

冒頭でも言った通り、エンジニアは日本でも不足するという調査結果があります。不足するということはそれだけ需要が高まっていることですよね?

単純に考えても現時点でもプログラミングを学んでいれば、就活で武器になる。でも就活で役立つスキルといえばExcelとかコミュニケーション能力とか他にもいろいろありますよね。

しかしプログラミングはそれらのスキルを獲得するよりもはるかにコスパ良いの理由があります。

プログラミングは可視化しやすいスキル

f:id:umauma01:20170820000238p:plain

上に挙げたエクセルやコミュニケーション能力などのスキルは他人から見て定量的に評価しづらいんですね。実際コミュニケーション能力とかよくわかんないよね

その点プログラミングというのは簡単に可視化することができるんです。例えば自分が思いついたアイデアもとにアプリケーションを作ることができたとします。

それを面接官に見せて自分のアイデアを話したりするほうが、100倍わかりやすいわけですね。また自分の作ったアプリをポートフォリオ的に使うことで同時に自分の技術力と学習意欲の高さのアピールになるわけです。

実際僕はプログラミングを学んで簡易版のチャットアプリを作ったり、botを作ったりしています。こうやって自分のアイディアをすぐに形にできるのがプログラミングの面白いところ何です。

「こういう漫画を書きたいです!」っていう口だけの新人漫画家より、漫画の下書きを書いてきた人の方が絶対に評価されますよね?

この記事もどうぞ!

GASを使ってクレーム対応SlackBotを簡単に作ってみた

個人で仕事をもらえる

「プログラミングが役に立つのは納得だけどプログラマーにならなかったら直接仕事に役立つわけじゃないじゃん。」って思ってる人もいると思います。

実際Excelや英語などのスキルを学生がみんな必死で学んでいないのは、それが社会に出て役に立つイメージがつかめないからなんですよね。僕自身大学1年生の時から英語を勉強したり、研究室に入って研究をしたりといろいろ意識高い系の活動をしました。

でもそこで得たスキルが将来絶対役に立つとは自信を持って思えなくて結局中途半端になってしまったんですよね。

このスキルって本当に役に立つのかな・・・

でもプログラミングスキルがあれば個人で仕事をもらうことができるんです。実際僕もrubyを学んで、知り合いのスタートアップのCEOからrubyを使ったサイト制作の仕事をもらって仕事をしたり、ITベンチャーでアルバイトをすることができています。

プログラミングは副業にも強い

クラウドワークスなどの副業・リモートワークを売りにするプラットフォームでWebライターが搾取されているのは有名なことかと思います。

実際ライターの案件なんか見ると一記事3000字で300円とかがゴロゴロ転がっています。誰でもどこでもできる仕事というのは一見魅力的ですが、逆に言うとそれだけ希少価値が少ないので、単価が下がるのは当たり前なんですけどね。

しかし、プログラミングは専門性の高いスキルのなので単価がかなり高めに設定されています。クラウドワークスなんかで見ても、TwitterBotを作るといった30分程度でできる案件にも5000円の値段が支払われたりしています。

副業はこれからの日本では解禁されていくので、プログラミングスキルを身につけて休日にお金を稼ぐなんていう選択肢も増えてくるでしょう。プログラミングは個人で稼ぎやすいスキルなので、会社で使わないからと言って役に立たなくなるリスクがないんです。

効率的にプログラミングを学ぶ方法

ただプログラミングってやっぱり難しいんですよね。初心者の頃には意味のわからないエラーが出て10時間くらい無駄にすることがあります。

実際僕も、最初の頃はエラーの解決に1日溶かしたことがあります。でも、そのようなエラーは経験者からすると5分で解決できるエラーだったりもするんです。

プログラミングスクールに行く

僕はエラーで貴重な時間を溶かすのが嫌だったので、プログラミングスクールに通いました。プログラミングスクールは高いですが、学生なら大体、社会人料金の半額で受けることができます。

とりあえず、progateあたりの低価格オンラインサービスでプログラミングの基礎を身につけてからプログラミングスクールに通うのが一番効率がいいんじゃないかと思います。僕のTECH::CAMP体験記も書いてあるので良かったら読んでみてください。連絡して頂ければ紹介もしています。

最後に

ここまで読んでいただくと、プログラミングスキルがいかにコスパ最高なものかわかっていただけたと思います。

プログラミングのいいところって、個人で稼げるスキルとして資産的に自分の中に蓄積されていくことなんですよね。この特性があるので、頑張って身につけたのに会社の都合で役に立たなかったなんてことが起こらなくなります。

時間のある大学生のうちにプログラミングを学んでおくと、学んでない人に比べて人生が変わってくるはずです。

この記事もどうぞ!

テックアアカデミーのPHP無料体験で56時間プログラミングを学んでみない?

プログラミングスクールを選ぶときに失敗しないための11のポイントを学生エンジニアが徹底解説!