就職無理学部物理学科

旧帝大の理系大学生が物理とプログラミングのブログ

プログラミングスクールを選ぶときに失敗しないための11のポイントを学生エンジニアが徹底解説!

f:id:umauma01:20170819103922p:plain

学生エンジニアのしば(@akahire2014)です。

僕はTECH::CAMPでプログラミング言語rubyを学んで、今はITベンチャーでバイトしたりスタートアップ企業から仕事をもらったりしてプログラミングで稼いでいます。

プログラミングスクールに行けばプログラミングを習得するスピードは格段に上がるのですが、高額なのでどういった基準でスクールを選べばいのかわからないとあなたは思ってるかもしれません。

プログラミングスクール多すぎ・・・

実際僕も最初の頃は選ぶ基準がわかりませんでした。しかし実際に受講したりプログラミングの勉強する中でプログラミングスクールを選ぶ基準がわかったのでこの記事ではプログラミングスクールを選ぶ基準をまとめておきます

自分にあったスクールを選んで効率的にプログラミングを学びたい人は必見ですよ。最後の方にいくにつれて一般的に言われてないようなこと書いてるので見てみてくださいね

プログラミングスクールを選ぶための基準

1.オンラインかオフラインか

f:id:umauma01:20170819011417p:plain

プログラミング初心者の人ほど気をつけるべきポイントです。オフラインで直接教えてくれるスクールの方が初心者の人にとってはわかりやすいですし、モチベーションも持続しやすいです。

基本的にオフラインでもやっているプログラミングスクールはオフラインでも質問ができるので基本的にオフラインでやっている方がいいでしょう。

僕も直接教えてもらいたかったのでオフラインでもやっているTECH::CAMPを選びました。ただオンラインの場合自宅から簡単に通える距離にあるかも絶対にチェックしておきましょう

2.カリキュラムのわかりやすさ

f:id:umauma01:20170819095832p:plain

カリキュラムがわかりにくいと高いお金を出してプログラミングスクールに通う意味がなくなってしまいます。プログラミングスクールの無料体験に行ってしっかり確認しておくべき

ホントここミスると何にお金払っているのかわからなくなるからね・・

3.講義形式か実践形式か

f:id:umauma01:20170819101333p:plain

結論、講義形式は絶対にやめましょう。

プログラミングって実践が一番効率がいいです。これって英語と同じなんですよ。あなたも英語教育6年以上受けて喋れないでしょ?

今の時代講義受けたいなら無料の動画とかいくらでも転がっているので、せっかくスクールに行くなら実践で学べるところにするべきです。

4.料金はいくらなのか?

f:id:umauma01:20170819101453p:plain

だれでも受講するための料金を調べるのは当たり前です。

気をつけて欲しいのは継続受講する場合の受講料金です。

例えば僕の通ったテックキャンプなら最初は12万円かかりますが、延長して受けるなら12000円で受けれます。

「1ヶ月以上時間がかかりそう!」って人は延長料金も確認しておくとお得に受講ができますよ

5.受講期間・勉強時間はいくら必要か

f:id:umauma01:20170819101609p:plain

受講期間を確認しておくのももちろんですが、スクールの用意したカリキュラムは何時間くらいで終わるのかも確認しておきましょう。

1ヶ月のカリキュラムと言ってもその人が1ヶ月に何時間かけれるかが一番大事ですよね。

受講期間と自分のかけれる時間を照らし合わせて本当にカリキュラムを消化できるのかどうかしっかり検討するといいですよ

6.受講できる時間帯

何時から何時まで受講できるのかも重要です。例えば朝に勉強できる時間が確保できるのに、昼から受講できるスクールだともったいないですよね

スクールを最大限に活用するためにも受講できる時間帯もチェックしておくといいですよ

7.無料体験をしているか

無料体験をするということは、それだけ自信があるということです。

それに無料体験に行くことでカリキュラムのわかりやすさや、講師や教室の雰囲気が自分に合っているかなどもチェックできるので無料体験があるなら絶対にいきましょう

僕自身も2箇所くらい無料体験を受けてみて最終的にテックキャンプを受講しました。

8.メンター(講師)はどんな人か

f:id:umauma01:20170819101827p:plain

プログラミングスクールのわかりやすさってカリキュラムのわかりやすさが大事です。でもそれに加えて教える人の技術力の高さも大事なんですよね。

僕がテックキャンプに通っていましたが、どのメンターに教わるかで理解度が違いました。

正直同じスクールの中でも人によってプログラミングスキルって開きがあるのでなるべくレベルの高い人がいるプログラミングスクールに通うべきです。

9.自分の目標は定まっているか

意外に見落としがちなのが「自分の目標が定まっているか」です。もしあなたが

とりあえずプログラミング勉強しよ

って感じだと失敗します。プログラミングの勉強ってある程度根気のいるものなのではっきりとした目標がないと必ず挫折します。

僕の場合だと、「プログラミングを勉強して、バイトしたり社会人になってから副業する」って目標があったので勉強に詰まったときでも頑張ることができました。

この記事もどうぞ!

大学生がプログラミングを学ぶコスパの良さを学生エンジニアが解説

10.受講後のサポートは何があるか

どうせなら受講後も何か特典がある方が嬉しいですよね。僕が受けたテックキャンプだと延長料金がやすくなるという特典がありました。 他には例えばテックアカデミーだと卒業生限定の就職・転職サポートがあるみたいですね。

僕は就職のサポートは別に入らなかったので延長料金が安いテックキャンプを受講しました。

11.卒業生にどんな人がいるのか

無料体験に行ってカリキュラムの質の高さを見ることはもちろんですが、そのスクールの卒業生を見ることでもスクールの質の高さが判定できます。

卒業生を紹介する記事はどのプログラミングスクールでも持っているのでその記事を見て自分がどんな風になれるのかイメージするとモチベーションも変わってきますよ

まずは無料体験にいくべき

自分でいろいろ調べた後は必ず無料体験にいくべきです。実際に体験してみないとわからないことってたくさんあるので。

この記事もどうぞ!

【保存版】無料体験あり!学生エンジニアが教えるプログラミングスクール7選

この記事で僕があなたに教えて11のポイントを押さえておけば「プログラミングスクールに10数万円払ったのに、時間もお金も無駄にした!」なんてことがなくなるのでしっかり押さえておいてくださいね