就職無理学部物理学科

旧帝大の理系大学生が物理とプログラミングのブログ

【学生エンジニアが語る】TECH::CAMP(テックキャンプ)のWebアプリコースの評判

f:id:umauma01:20171011231122p:plain

学生エンジニアのしば(@akahire2014)です。

僕は未経験からプログラミングをプログラミングスクールで勉強して、今ではITベンチャーでインターンしたり、企業からサイト制作の仕事をもらったりして月10万円ほど稼いでいます。プログラミングスクールにはかなり詳しいです。

この記事では僕も実際に受講した業界大手のプログラミングスクールであるTECH::CAMP(テックキャンプ)のWebアプリケーションコースの解説をします

受講を検討している方は参考にしてくださいね。

TECH::CAMP(テックキャンプ)とは?

f:id:umauma01:20171011220346p:plain

キャッチコピーの「人生を変える1ヶ月」という言葉で表されるように、1ヶ月の短期集中型プログラミングスクールでした。しかし2017年8月1日から継続学習型のプログラミングスクールにリニューアルしました。

受講生は8000人を超え、満足度は98%以上というプログラミングスクールです。

それまでは1ヶ月の受講料金が12万8千円でしたが、リニューアル後は入会金12万8千円、延長料金1万8千円とかなりお得になっています。僕が受けた時はこんなにお得じゃなかった・・

カテゴリ 通学orオンライン
受講形態 個人で教材を進める
レベル 初心者~
場所 東京6教室・愛知1教室・大阪1教室
無料体験・カウンセリング Webアプリケーションなど全ての講座にあり
価格 入会金128,000円・延長料金1ヶ月12,800円・紹介割引あり
期間 1ヶ月単位
パソコンレンタル あり
言語 Ruby・Ruby on Rails・HTML/CSS・javascript

Webアプリケーションコースの特徴

学べること

TECH::MASTERという5000回以上のアップデートが行われたむちゃくちゃわかりやすいカリキュラムで学習します。わかりやす過ぎて感動しました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のWebアプリケーションコースでは以下のことが学べます

  • HTML/CSS
  • javascript
  • ruby
  • ruby on rails
  • git(コード管理)

実際に僕が今でも仕事で使っている知識をTECH::CAMP(テックキャンプ)の中でたくさん学びました。逆に使ってない知識あるかなあってくらい

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムの特徴は、実践的な学習を大事にしていることです。実際、カリキュラムを進めるだけでWebアプリケーションが3つ作れるような仕組みになっています。

サッカーの本読むより、サッカーするのが楽しいのと同じで、プログラミングも何かを作るのが一番楽しいんです。

オフラインで押してくれるメンター

TECH::CAMP(テックキャンプ)のもう一つの特徴が、オフラインであるということ。人件費を抑えるためにオンラインで教えているプログラミングスクールが多い中実際に教室で教えてくれるスクールは少ないです。

僕は質問の度にタイピングして質問するのがめんどくさいなと思ってしまうので、初心者の方にはTECH::CAMP(テックキャンプ)で教室受講することをオススメしています。

逆に教室までいけないならTECH::CAMP(テックキャンプ)はあまりオススメできません。ちなみに今ある教室は以下のようになっているので自分の通えるところにあるのか確認するといいでしょう。

この記事の情報が古くなっている可能性もあるのでTECH::CAMP(テックキャンプ)のサイトをなるべくチェックしてください

  • 渋谷
  • 新宿
  • 池袋
  • 東京駅前
  • 御茶ノ水
  • 早稲田
  • 名古屋
  • 梅田

オリジナルアプリケーション開発

TECH::CAMP(テックキャンプ)では自分で考えたアプリを作ってそのサポートを受けることができます。オリジナルのWebアプリを考えている人は最低でも学習期間も入れて3ヶ月は見ておいたほうがいいでしょう。意外にわからないところがあったりして時間がかかります。

TECH::CAMP(テックキャンプ)では最近延長料金がかなり安くなっている(月1万2800円)ので自分だけのアプリを作りたいって人にはかなりオススメです。メンターのサポートを受けながら開発ができますよ。

僕の時も安ければやってた・・・

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムでも力がついたのは確かなんですが、自分のサービスを開発する時が一番力がついたのでプログラミング勉強するならぜひオリジナルのアプリを作って欲しいです。

Webアプリケーションコースの評判

実際にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けた人の口コミを紹介します

プログラミングの知識は全くなかったのですが、そんな私でも理解できるような内容になっていました。プログラミングの基礎を学ぶには、とても良い教材です。

ただし、データベースやサーバーなどについてはあまり触れられていないので、自分でサイトを作る場合はその箇所を自学自習しなければなりません。 教室ではメンターから質問に対してただただ答えを教えてもらうのではなく、ヒントを与えてもらい、そのあとは自ら考えて解くという形でした。

受講生が自分で考えること、そして自分の力で課題を解決できるようになることを考慮して、そのような対応をして頂いていたと感じます。 受講したことで、プログラミングやITに対しての毛嫌いのようなものがなくなりました。

難しい機能をつけることはまだまだできませんが、基礎的なものなら作成できるようになり、素直に嬉しいです。

引用:TECH::CAMP

質問に対しては教室・チャットともに迅速に対応いただき、手を止める時間は最小でした。若い学生の方がメンターをされていたのですが、丁寧に同じ目線で教えていただきましたし、気持ちよい爽やかな方が多くて安心して質問できました。 また、週に一度の進捗MTGを開いていただき、小グループでモチベーションを下げずに継続できるようストレッチしてくださったことは助かりました。ひとりではくじけそうな時もあったので、仲間意識を持って取り組めたこともよかったです。

引用:TECH::CAMP

Webアプリケーションコースの料金

f:id:umauma01:20171011220542j:plain

TECH::CAMP(テックキャンプ)の料金は

  • 入会金12万8000円
  • 延長料金1万2800円

となっています。入会金は他のプログラミングスクールと変わりませんが、延長料金が安くなっているのが特徴です。延長するとWebアプリケーションコース以外のVRやAIなどのカリキュラムも見ることができます。

Webアプリケーションコースを受けてみて、まずオリジナルアプリケーションの開発を目指すのが一番力がつきます。

仮に他のVRやAIに興味が出たら延長料金1万2800円だけでそっちも学習できるので幅広く知識を身につけることもできます

延長しつつオリジナルアプリを作るのが最強

わかりやすいカリキュラムで初心者の壁を楽に超えることができるのがTECH::CAMP(テックキャンプ)の魅力です。

ですが、個人的には延長料金を払ってオリジナルのサービスを開発することで一番効率的に力がつくと思っています。僕もそうだったんですが、実際に自分のアプリを作った時にもわからないところが出てきます。TECH::CAMP(テックキャンプ)ではオリジナルのアプリ開発までもサポートしてくれるので、オリジナルアプリまで作ってしまうのがオススメです。

僕自身TECH::CAMP(テックキャンプ)を受けてからマジで人生変わったので興味のある方はどうぞ。まずは体験会に行ってみるといいでしょう。

卒業生の僕の紹介があれば、5%の割引を受けることができるので興味があればTwitterアカウント(@akahire2014)か、このブログのお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事もどうぞ!

TECH::CAMP(テックキャンプ)を未経験の学生が受講してリモートワークできるようになった